« どこかで見たことのあるような・・・ | トップページ | 内房線でSL運転 »

2007年2月 6日 (火)

常磐線撮影記 その3

いいんだよグリーンだよってことと試験休みと言うことで常磐線へGO!!!

_img_4622

グリーン車ついてますね。なんか全編成についている気がするのは自分だけ?

ちなみに柏~我孫子間でグリーン車に乗りました。が写真撮り忘れた。柏と我孫子なんて目と鼻の先なんで。

やっぱり混んでいました。2ドアと4ドアの違いは圧倒的ですね。

それにしてもE501系はどこに消えたんだという疑問が残る結果になりました。まさか中電の4ドア車にグリーン車つけているから乗車口を統一するために運用から外れていたりするのか。

_img_4632_1

本当の所こっちの方が撮影のメインでした。

オール鋼製車。珍し珍し。

さらにこれが2本連続で来たときはさらに驚きましたが。

_img_4659

馬橋と北小金、さらに我孫子で撮ってきました。

写真は我孫子にて。

_img_4667

成田経由で帰ったためこんなのも撮影。

_img_4541

おまけ 今日の743MがE217系F-03編成のみの10両でした。

E217系の10両なんて初めて見ました。

でも前はE231系だったのですが・・・。

|

« どこかで見たことのあるような・・・ | トップページ | 内房線でSL運転 »

コメント

どうやらE531系グリーン車は全編成に組み込まれたようです(参考:くましげの日記帳様、F02のブログにリンク参照)。
E217のF-53編成はLED化でしょうか。ああ、10両が見たい。

投稿: F02 | 2007年2月 7日 (水) 15時23分

F02さん
E531系のグリーン車
やっぱり全編成に組み込まれていたか・・・。
そうだとやっぱりE501系が見られないのは中電の乗車口の共通化で運用に外れているという可能性は高くなります。
もう上野口撤退か・・・。
F-03編成のみの列車
どうやら運用に入っていないのはF-51編成のようです。
そのため今現在F-01編成とF-53編成が編成を組んでいます。
また方向幕と列番表示器(こっちは分からない)のLED化をしているのかもしれません。

投稿: 連絡船 | 2007年2月 8日 (木) 17時51分

連絡船 どの

久し振りにコメントします。

やや古い話になりますが、去る2月7日、通勤帰りに東海道線小田原行き下りE217系863Mに乗車の際、基本F-01編成+付属F-51の15連が組まれていました。
更に云えば付属編成の側面行先表示が幕式のままであったこともあり、間違いありません。

既にオリジナルの15に戻っています。

投稿: F02のオヤジ | 2007年2月15日 (木) 22時48分

F02のオヤジさん
F-51編成
戻ってましたか。さらに幕式のままで残留というのはいいことです。
現在E217系初期車で幕式なのはF-51編成のみのなので今のところ貴重な車両になりそうです。
でもそうするとF-53編成はどこに行ったという事になります。とある掲示板によるとまだF-03編成の単独なままのようですし。
ちなみにF-02編成とF-52編成は連結したままのようです。その編成をみると大体そのような編成になっています。

投稿: 連絡船 | 2007年2月16日 (金) 22時44分

連絡船どの

某サイトによれば、東海道線E217系のF-51編成がこの度検査入場が終わって出場し、F-01編成と組んで、動き始めたようです。

何時ぞやの弊コメント投稿時には、F-51は幕式表示器だったのが、出場と同時にLEDに変更されているとの事でした。

これで、東海道の3編成が再び揃い踏みで稼働を始めた様で何はともあれ、ではないでしょうか。

投稿: F02のオヤジ | 2007年2月24日 (土) 00時12分

F02のオヤジさん
F-51編成
ついにLED幕になっちゃいましたか・・・。
これでE217系初期車(元113系併結対応車)の普通の幕車が消滅したということになります。
また湘南色幕車がF-53編成のみになってしまったということでもあります。
ああその編成が早く見たい・・・。

投稿: 連絡船 | 2007年2月24日 (土) 14時41分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 常磐線撮影記 その3:

» 投資信託の種類について [投資信託初心者の為の投資信託入門]
資産運用の中で投信を上手に活用していくには、自分にぴったり合うファンドを探さなければなりません。 [続きを読む]

受信: 2007年2月 6日 (火) 23時46分

« どこかで見たことのあるような・・・ | トップページ | 内房線でSL運転 »